埼玉県 ニュース 川口 埼玉 さいたま ドリンク 病院 自転車" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

小林史佳がゴミ収集車にはねられた事故で河田諭を逮捕! [ニュース]

3月28日、なんと小学2年生の小林史佳ちゃん(8)

前から来たゴミ収集車にはねられるという事故がありました。

この事故で残念なことに小林史佳ちゃんは亡くなってしまい、

ゴミ収集車を運転していた河田諭(32)逮捕されました。


凄く衝撃的なニュースが入ってきましたね。

なぜこのような事故が起きてしまったのか、

事件の概要を詳しく見ていきたいと思います。


なぜゴミ収集車にはねられたのか



まずこの事故が起きたのは3月28日の午前11時ごろ

現場となったのはさいたま市北区日進町にある

県道の片側1車線の直線になっているところで、

さいたま市北区に住む小学2年生の小林史佳ちゃん(8)

母親(41)兄(8)の3人で近所の公園に向かっていました。


その時3人は車道の右側を自転車で走行しており、

小林史佳ちゃんが道中に立っていたカーブミラーを

避けようとしたがバランスを崩しそのまま転倒

そこへ前から来たゴミ収集車にはねられてしまった

という流れになっています。


小林史佳ちゃんは頭部を強く打ち、病院に運ばれましたが

残念なことに亡くなってしまいました。。。

一方ゴミ収集車を運転していた埼玉川口市に住む

会社員河田諭(32)は過失運転致傷の容疑で

現行犯逮捕されたそうです。


私も同じ埼玉県に住んでいますが、県内でこのような事故が

起きてしまったことに対しとても残念に思います。

母親と兄に至っては事故が起きた時にその場にいたわけですから、

どれほど辛い思いをされているか想像がつきません。


事故を未然に防ぐことは出来なかったのか



事故が起きた時に小林史佳ちゃんは

車道の右側を自転車で走行していましたが、

本来は左側走行をしてなくてはならないですし

同時に大変危険な行為でもあります。

母親が一緒にいたのであればなおさら気をつけるべき

だったのではないでしょうか。


またゴミ収集車を運転していた河田諭についても

危険を予知していたでしょうし、難しいことではありますが

「もしかしたら転倒するかもしれない」というところにまで

しっかりと注意を向けておくべきでした。


今回の事故を通じて改めて危険予測の

大切さを痛感させられたように感じます。


あくまでも結果論になってしまいますが、

これらのことに少しでも注意を払うことが出来ていれば、

もしかしたら事故を未然に防げていたかもしれませんし、

逆に言えば、少しでも危険に対しての注意が疎かになってしまうと

死の危険性があるということにもなります。


小林史佳ちゃんのご冥福をお祈りするとともに、

一人一人がちゃんと事故の危険性と向き合い、

こういった事故が起きないようになってほしいと思います。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。